2015年4月アーカイブ

桜の季節、そして新緑の季節、そして新入学・新入社・転勤などが多い季節となりました。
この時期特有の現象として、「右往左往」しているクルマを良く見かけます。
原因はもちろん、「土地に明るくない」から。
初めて走る土地、運転そのものが初心者の場合。理由はそれぞれですが、カーナビが付いていたとしても、土地勘がないとなかなか早めに次の行動には移れません。

先日、こんなことがありました。
その道路は3車線あって、その先で右方向と左方向に分岐します。私は真ん中の車線を走っていて、その車線は自然と右方向に向かうのですが、私の右側にいたクルマが分岐直前で一番左車線に進路変更してきました。あわや巻き込まれるところでした。

こんなこともありました。
首都高速の都心環状線内回りから4号新宿線に分岐するところで。路肩はまったくない2車線の道路ですが、突如、渋滞が始まったかと思ったら、分岐直前の左側にハザードを出して停車し、地図を確認している地方ナンバーのクルマがっ!
空いている時間帯でしたので、大型トラックなどは追突の危険にさらされたのでした。

このように、4月は道に明るくないドライバーが多いものです。特に分岐する道路、大きな交差点では、あらかじめ進行する方向に早めに進路変更し、また無理な進路変更、急な進路変更をするクルマがいるものだ、と自覚して防衛運転に務めたいです。