原付を廃車にしたいときどうする?

よく「原付を無料で廃車します」というのを見かけますが、 なぜ無料で処分することができるのでしょうか。

処分するのにもお金がいる時代。

原付を処分するのにもお金がかかるからと、 故障して動かなくなったり、使わなくなって長年放置したり、 事故をしてしまい、廃車にしないままおいてあることってありませんか?

実はこんなお金がかかるというイメージがあるものでも、 無料で廃車=処分してくれる業者があるのです。

お金がかからないと聞くと嬉しいですが、これにはきちんとした 理由があります。

まず当然ながら、ボランティアではありません。
お金が稼げるから、こういうことをしているわけですが、 無料で引き取った原付は、ただ単に廃車手続きをして捨てるわけではありません。

日本だけではなく、海外でもネットワークがあれば、 修理をして中古として販売することができます。
また修理ができないとなっても、パーツをリサイクルして 修理する原付の部品として使われるので損はないのです。

よく無料で電化製品を引き取っている業者やパソコンを引き取ったり 下取りしたりする業者がありますよね?
それらも同じで、無料で引き取ってもらえるとうれしいので 処分費用をかけたくない人が持ち込むこともあります。

原付を廃車にする時は、動かないこともあるので、 引き取りに来てくれると、さらにありがたいものです。
処分をする費用がもったいないな・・・と思っているなら、 ぜひこんな無料で引き取ってくれるところを活用してみてはどうでしょう。

女性や知識のない人でも、お金がかからずに処分できるし、 廃車手続き(有料の場合があります)サービスがあるところを選べば わからないことも代行してくれるので安心です。

しかし、もっとトクする方法があるのをご存知でしょうか? 原付を「回収業者」ではなく「買取業者」に買い取ってもらうのです。
参考サイト:業者に買い取ってもらう具体的方法はこちらのページ【原付廃車】にて説明されています。

そうすれば、廃車手続きは買取業者が無料でやってくれますし、買取額に応じて現金をゲットすることもできますよね。
業者によっては原付の買取は断られることもあるので要注意。バイク王などの有名どころなら原付でも買い取ってもらえます。


桜の季節、そして新緑の季節、そして新入学・新入社・転勤などが多い季節となりました。
この時期特有の現象として、「右往左往」しているクルマを良く見かけます。
原因はもちろん、「土地に明るくない」から。
初めて走る土地、運転そのものが初心者の場合。理由はそれぞれですが、カーナビが付いていたとしても、土地勘がないとなかなか早めに次の行動には移れません。

先日、こんなことがありました。
その道路は3車線あって、その先で右方向と左方向に分岐します。私は真ん中の車線を走っていて、その車線は自然と右方向に向かうのですが、私の右側にいたクルマが分岐直前で一番左車線に進路変更してきました。あわや巻き込まれるところでした。

こんなこともありました。
首都高速の都心環状線内回りから4号新宿線に分岐するところで。路肩はまったくない2車線の道路ですが、突如、渋滞が始まったかと思ったら、分岐直前の左側にハザードを出して停車し、地図を確認している地方ナンバーのクルマがっ!
空いている時間帯でしたので、大型トラックなどは追突の危険にさらされたのでした。

このように、4月は道に明るくないドライバーが多いものです。特に分岐する道路、大きな交差点では、あらかじめ進行する方向に早めに進路変更し、また無理な進路変更、急な進路変更をするクルマがいるものだ、と自覚して防衛運転に務めたいです。